交通事故後の治療(自賠責保険)は整骨院でできますか?

Q)交通事故後の治療(自賠責保険)は整骨院でできますか?

A)はい できます

交通事故の治療は整形でしかできないと思っていらっしゃる方も多いようですが、交通事故の衝撃で発生するむち打ちや、打撲、背部の痛みなどは、整骨院で対応できます
事故の治療は、事故の激しさにもよりますが、きちんと治療を受けれたかどうか、痛みがきちんととれたかどうがに関わらず、おおよそ3ヶ月から6ヵ月で保険会社から治療の終了を迫られることが多いです。

整骨院での施術は、電気治療などを使いながら、痛めている場所を丁寧に触診し、特定し、手技療法で筋肉の硬結を緩め、関節の可動性をあげ、早期の回復を目指します
また、治療以外のことでも、弁護士、行政書士との連携で、被害者の方の、心の支えにもなっていきたいと思っています

交通事故にあってしまった際、整骨院で治療を受けるまでの流れについてご説明します

警察に人身事故の届けを出す

交通事故にあってしまった!!
そこから整骨院での施術開始までの流れをご説明します
交通事故でのお身体の治療を開始するにあたっては、必ず、警察に人身事故の届けをする必要があります
当日痛みを感じない場合も、翌日や翌々日に頭痛がでたり、急激に痛みの増強や気分の不良が見られる場合があります
事故当日は痛みを感じなかったために物損にした場合でも、後日人身への切り替えは可能ですので、必ず痛みがでたらすぐに痛みがでた旨を相手方の保険会社の担当に伝えてください

病院を受診し警察に提出する診断書を出してもらう

保険会社に痛みがでた旨を伝え、病院を受診し、診断書を出してもらいます
事故日から病院受診日までが2週間を超えてしまうと、事故との因果関係を証明することが難しくなり、治療が認められなくなることがあります
実際に2週間以上経って痛みがでた方もいらっしゃいます
事故にあってしまった場合、あまり痛みを感じない場合でも、一旦病院を受診されることをお勧めします

通院したい整骨院を保険会社に伝え整骨院を受診する

保険会社に通院希望の整骨院名を伝え、整骨院を受診します
整骨院では、病院での診断書に書かれた部位しか施術が認められない傾向があります
病院ではしっかり、痛みの場所を伝えて、診断書に書いてもらえているか確認し、コピーが取れたらコピーをとって整骨院に提出していただけたら、施術がスムーズに進みます

整骨院での施術をスムーズにするための病院選び

今後の施術を整骨院で行いたい方にはここで一つ問題が・・・・。
最初に受診した病院のDr.が整骨院での併用受診を認めない場合、嫌がる場合ががあります
患者さまは基本、どこで治療を行うかは自由なのですが、最初に受診した病院が整骨院の受診を嫌うと、なかなかその後の整骨院での治療がスムーズに行かなくなる場合があります
被害者の方が、治療を継続するためには、月に1回から2回の病院の受診が求められます
整骨院の治療を選んだばかりに、病院に受診を拒否されてしまうと、治療の継続が難しくなる場合があります
スムーズに病院と整骨院の併用治療を行いたい場合には、整形外科と提携のある整骨院を選ぶことが賢明です
元々受診したことがある整骨院などがありましたら、まず、そこに問い合わせて整形外科との提携があるか、また整骨院を受診したことがない場合は、いくつか受診したい整骨院を選んで、問い合わせの電話をし、整形外科との提携があるか、また折角お電話をかけたら、そこがどのような治療をするのかも確認する事をお勧めします

整形外科と整骨院の治療にはどんな違いがありますか?

病院でのむち打ちに対する治療は、おおむね湿布・鎮痛剤の投薬が多く、時に牽引や電気治療などが多いようです
整骨院は、一人一人の症状に合わせた徒手療法が中心のところが多いです
当院での施術は、電気治療や温熱治療に加え、、痛めている場所、痛みがでているいる場所を丁寧に触診し、特定し、手技療法で筋肉の硬結を緩め、関節の可動性をあげ、早期の回復を目指していきます
また、施術以外のことでも、弁護士、行政書士などとの連携をとって、被害者の方の、心の支えにもなっていけたらと思っています
ちなみに、病院でのレントゲンやCT,MRIでの画像診断など医師や第3者が客観的に認識できる症状のことを他覚所見といいます
実際、むち打ちの症状は自律神経系の障害や軟部組織(軟骨部分や筋肉や靭帯など)の損傷によるものが多く、特にレントゲンだけの診断では、他覚所見では出ないことが多く、患者様の自覚症状によるところが多いために、実際に患者様は強く痛みを感じているにも関わらず、なかなか、その症状を理解してもらえないことが多く見られます
整骨院ではレントゲンやCT,MRIでの画像診断など他覚所見はとれませんが、当院では、患者様のお身体をしっかり触診して、痛みの出ている部位や関連部位の筋肉の硬結(損傷して硬くなっている部分)や、動作に伴う痛みなども探して、ひとつひとつ丁寧に施術してきますので、ほとんどの方が3か月ほどで後遺症もなく施術を終了されます

 

いまさらながら、熱中症について調べてみました

熱中症とは

40歳代以上の皆様が、子供の頃、夏によく耳にしてたのは

「日射病」

ではないでしょうか?

熱中症という言葉はいつから使われだして、どんな症状なのでしょうか?

私自身、いまさらしっかりわかっているかというと、なんとなくで理解していたので、一回整理してみることにしました

「熱中症」とは、日射病と熱射病の総称として使われているようです

日射病:戸外で強い直射日光にさらされることによる日焼けと熱により発生

大量の汗をかき、身体の水分が足りなくなり、心臓に戻ってっ来る血液が少なくなってしまい脱水症状を起こした状態

熱射病:暑いところに長時間いたために、大量の汗をかき、体内の水分や塩分が著しく不足し、体温をコントロールする脳の体温調節機能に支障をきたし体の熱を十分に発散できずに熱が身体にこもってしまい、高い体温に身体が対処しきれなくなった状態のことを言います

熱射病は意識障害と同時に体温が40℃以上まで異常上昇がみられます

気象庁が今年の5月24日に発表したスーパー猛暑日という単語

スーパー猛暑の定義は人の体温を上回る、気温が37℃を超える状態を示しているようですが、7月すでには各地で気温が40℃を超え、熱中症の最大危険レベル!!!

今一度、熱中症と熱中症になりやすい状態やなりやすい状況、その症状や対処法についてまとめてみます

熱中症になりやすい人

・高齢者
 高齢になると体温の調節機能が低下するとともに、感覚機能も低下するため、暑さやのどの渇きを感じにくくなっているので要注意です
・子供
 乳幼児や小児は体温調節機能がまだまだ未発達です。
 特に発汗機能が未熟なので、体に熱がこもりやすく体温が上昇しやすいのです
・下痢をしている方、二日酔いの方
 すでに脱水症状に陥っていますので要注意です
・体調不良の人
 風邪などで既に熱発している人
 もともとの基礎疾患を持っている方
 熱中症はその日の体調に影響されます
 寝不足や朝食をとっていない時は、いつもより注意が必要です
・肥満の人
 肥満の人は明るい運動でもエネルギー消費が大きいため、熱の発生が多くなり
 ます。そして、厚い皮下の脂肪が熱の発散を妨げるので、体内に熱がこもりやすいので要注意です
・飲酒・カフェイン
 アルコール類(ビール・ワインなど)やカフェインを多く含むコーヒーや紅茶には、利尿作用があり、体内の水分が排泄されてしまいます
 このような飲み物は身体を更日脱水症状陥らせる危険があるので要注意です
・男女差
 発症のピーク
 女性 0~4歳 80~84歳
 男性 0~4歳 15~19歳 55~59歳 80歳前後
 男性に15歳か59歳までの方にも熱中症の発症が多いのは青年期のスポーツ時の運動強度が高い事、中年期にかけては男性の方が屋外での仕事の割合が多い事や、仕事による身体への負担が大きいためだと考えられます

熱中症の症状

Ⅰ度(軽症)
① めまいや立ちくらみ 顔がほてる
② 筋肉痛や筋肉のけいれん
Ⅱ度(中等度)
③ 強い疲労感、頭痛 吐き気
④ 大量の発汗
⑤ 体温 ~39℃
Ⅲ度(重症)
⑥ 体温が高い(深部体温の上昇)40℃以上
⑦ 発汗がない
⑧ 呼びかけに反応しない まっすぐ歩けない(脳機能障害)
⑨ 水分補給ができない(意識喪失)

熱中症の症状別対応策

Ⅰ度(軽症)
日陰に入って休むなどすすしい環境へ避難する
水を自分で飲める場合はどんどん冷たい水分をとり、内臓側からも体を冷やす
同時に塩分を補給する(100mlあたり40~80㎎のナトリウムを含むスポーツドリンクなどがお勧め)
衣類を緩め体から熱を放散させる
体を冷やす 濡らしたタオルなどをあて、うちわや扇風機であおぎ、体を冷やす
服の上から冷やした水を少しずつかける
コンビニで冷凍したペットボトルや氷を購入し首の付け根の両脇や、脇の下、鼠径部に当て、皮下の血液を直接冷やす
Ⅱ度以上の熱中症にならないように未然に防ぐことが最重要
Ⅱ度(中等度)
病院での管理(点滴など)が必要になります
医療機関を受診してください
Ⅲ度
救急車での救急搬送

まとめ

今回、改めて熱中症についていろいろと調べてみました
何故熱中症が死に至るほど重症化しやすいのか?
乳幼児はまだまだ体温調節の機能が未熟であり、体の異変を伝えることができない
高齢者は、感覚機能の衰えによって、自分の身体に異変に気が付くのが遅くれることが原因のように思われます
当院でも、ご高齢の方へ、低周波などの物理療法を行いますが、若い方に比べ、かなり、レベルを上げても感じられない方が多くいらっしゃいます
このように感覚機能の衰えと、暑く感じないためにエアコンなども利用しない
体内にどんどん熱がこもってきて、熱中症の発症につながるようです
夏は暑いのは当然で(最近の暑さは異常ですが・・・)、汗をかくのも当然なので、どこからが熱中症かの判断がとても難しくなります
この熱中症が危険なのは、判断に迷っている間に、どんどん進行してしまい、脱水症状による水分不足、ミネラル不足により、脳機能が低下し、さらに判断力が落ちてしまうことが、重症化につながる原因のように思われます
外気温も年々上がってきて、今年は、連日のように、過去最高温度を更新しています
熱中症は、本当にその日の体調によって、急に発症します
熱帯夜で寝不足の時、下痢気味の時、風邪気味で微熱があるような場合は、いつもより自分の体調に留意して、また、子供や、同居の高齢者がそのような場合はさらに、注意をして、この夏を乗り切りましょう!

1日1回たった30秒のストレッチでO脚改善

1日1回たった30秒のストレッチでO脚改善

「スカートがはけない」「正座で膝が閉じない」「歩き方がおかしい」「膝に痛みがある」「姿勢が悪く見える」「足が太くみえる」などO脚で悩まれている方は多くいます。
そんな方々のために自宅で簡単に誰でもできる30秒ストレッチをご紹介します。
まずはO脚の原因をご存知の方が意外と少ないので、改めてO脚の原因を挙げて、あなたのO脚の原因を見つけてください。

原因

1. 先天性(生まれながら股関節や膝関節が変形している)
2. 外傷(事故やスポーツなどによるケガなど)
3. 病気(変形性関節症・くる病・代謝性疾患など)
4. 出産による骨盤のずれ
5. 姿勢(姿勢による前後や左右のバランスのずれで重心が下がりO脚が増長されます)
6. 歩き方(偏平足・浮き指・外反母趾などにより歩き方に歪みが出ている)
7. 座り方(あぐら・横座りなど骨盤の歪みが増長する据わり方)
思い当たる原因はありましたか?

先天性・病気・外傷によるO脚は骨自体に原因があるため今回紹介するストレッチで改善は難しいと思います。
その他に当てはまった方はぜひ試してください

チェック項目

O脚は実は「見た目」だけでなく、他の所にも色々な影響を与えています。どんな症状があるかぜひチェックしてみてください。
チェック項目
腰痛・股関節痛・膝痛・下半身太り・脚のむくみ・冷え性・代謝の衰え・疲れやすい・肩こり・頭痛・めまいなど
当てはまる項目はありました?もし該当することがあれば専門家にご相談ください。

自宅で改善O脚ストレッチ

① まず、仰向けに寝て肩幅に両足を広げます
(座った状態でも大丈夫ですが寝た状態が効果的です)

② 左右の足の間に箱や本など力を入れても潰れない物をはさみます。
(かかとに当たって痛くないものをいれてください)

③ 左右の踵で卵をつぶさない程度の力で内側にはさんでいきます(脚は伸ばしたままで股関節を意識して挟むようにしてください)
(力を入れ過ぎると逆効果になるので注意してください)

※つま先はそのままで膝や股関節を捻らず床と水平に踵だけではさんでください。(捻りがあると効果が出ません)

④ 挟んだ状態で10秒間力をキープしてください
(これを3回行ってください。効果が出ないときは5回ほど試してみてください)

このストレッチは股関節の硬さを改善するストレッチです。O脚の方は股関節が外旋(外向き)になっているため、まずは外旋の改善に努めてください。1日1回毎日続けることで身体に記憶させましょう。

根本的な改善は専門家におまかせください。
疑問・不明な点は遠慮なくご相談ください。

友だち追加

自宅でできる簡単な猫背の治し方 ストレッチ編

こんにちは!うぃんぐ鍼灸整骨院志免院の岡田です。

 

以前のブログで猫背のタイプについてお話ししました。皆さん自分がどのタイプに当てはまるかは分かりましたか?

自宅でできる簡単な猫背の治し方 正しい姿勢編

猫背タイプ別チェック!あなたの猫背の原因は?

 

これからは、一言で猫背といっても種類があるということを覚えておいてもらった上で、自宅でできるそれぞれの猫背タイプに必要なセルフケアを紹介してきます。

 

猫背改善のために必要なこと

猫背を改善するためには、

 

①固まって悪い姿勢を生み出している筋肉をストレッチすること

②姿勢維持に必要な筋力を鍛えること

③正しい姿勢を知りそれを極力意識して生活すること

 

の3つが挙げられます。でも、なかなか日頃から筋トレやストレッチを意識して行っている人はなかなかいませんし、やっている人でも本当に自分に合った筋トレ・ストレッチが出来ている人はほとんどいないと思います。

ただ単に腰が痛い人でも、太ももの前側をストレッチしたほうが良い人と太ももの後ろ側をストレッチしたほうが良い人がいるので、間違った方のストレッチをしてしまうと効果が出ないか逆に悪化してしまうこともあります。思い当たる節がある方もいらっしゃるのではないでしょうか?

なので自分の姿勢を悪くしている原因をちゃんと理解してから筋トレ・ストレッチを行うことで、効果的に、なおかつ効率的に時間を使うことが出来ます。

 

今回のブログでは猫背改善のためにできることの①ストレッチについてご紹介させていただきます。

 

その前に!猫背のタイプ別で効果的なストレッチをご紹介するので、まだ見ていないという方はまずこちらをご覧ください!

 

猫背タイプ別チェック!あなたの猫背の原因は?

 

 

猫背改善のストレッチを行う前に

ストレッチを始める前に、ストレッチをより効果的にするために3つ原則を覚えていただきます。「もう知ってるよ!」という方も必ず1度はチェックしておいてください。

 

1.息を止めずに、ゆっくり呼吸しながら行う

2.反動をつけないようにゆっくり伸ばす

3.痛く感じるところまでせずに、気持ちいいところで止める

 

これらを意識しながら行うことで、ストレッチの際のケガの予防や効果の上昇につながります。

・ハムストリングス(太ももの裏の筋肉)

地面に座り、両足を前に伸ばす

つま先を見ながらゆっくり前に倒れる

力を抜いて10秒ほどキープする

 

・背骨の伸展ストレッチ

四つん這いになる

顔は天井を向きながら、腰をゆっくり反らす

3秒ほどキープし、元の状態にゆっくり戻す

 

猫背タイプ別ストレッチ 反り腰タイプ

・大腿四頭筋(太ももの前側の筋肉)

横向きに寝る

上になっている方の脚の膝を曲げて足首を持ち、ゆっくり頭の方向へ持ち上げる

反対向きに寝て、反対側を行う

 

・脊柱起立筋(背骨の両側にある筋肉)

地面に座り、両足を前に伸ばす

顔はおへそを見ながらゆっくり前に倒れる

余裕があったら両手で軽く頭を押さえる

10秒ほどキープする

両タイプ共通のストレッチ

次に2つの猫背タイプに共通するストレッチをご紹介します。

・肩甲骨のストレッチ

両肩に手を置く

肩から手を放さないように前に大きく回す

同様に後ろに大きく回す

 

・大胸筋のストレッチ

後ろで手を組む

腕をピンと伸ばして肩を後ろへ引く(胸をできるだけ張るイメージです)

余裕があれば後ろで組んだ腕を少し上へ上げる(体が前傾しない程度)

合計6つのストレッチを紹介させていただきました。これらを1日3セットの週に最低2回(出来る方は毎日のほうが改善が早いです)お風呂上りに行うようにしてください。

 

大切なことは体を動かす習慣をつけることです。1人ではなかなか続かないという方は親や子供、兄弟と一緒にやってみると良いかもしれませんね!

 

それぞれの猫背のタイプになってしまう原因は日常の姿勢や運動習慣などの要因がありますが、それはこれからブログで書いていくのでご期待ください!

猫背タイプ別チェック!あなたの猫背の原因は?

こんにちは!うぃんぐ鍼灸整骨院志免院の岡田です。今日は、最近多くなっている猫背についてお話しします!

 

皆さんは「猫背」というとどんな印象を持っていますか?

 

きっと猫背と言われると背中全体が丸まっていることをイメージするのではないでしょうか。うちの整骨院にいらっしゃっている方もそういったイメージが強いようで、猫背を正して!と言うと、皆さん一生懸命胸をぐっと張っています。

 

ですが、猫背にはいくつかタイプがあり、それぞれのタイプによってどこに力を入れたらいいのかや、力を入れる方向が変わってきます。なので、自分では頑張って治しているつもりでも間違った力の入れ方をしてしまってるという、とてももったいないことをしている可能性もあります。

 

 

今回のブログでは、まず猫背にはどのようなタイプがあるのかについてお話しし、自分がどのような状態になっているのかを把握することで効率の良いストレッチや筋トレができるようになっていただきたいと思います。

背骨の構造を理解しましょう

まず、悪い状態を知るためには、背骨の構造についてと良い状態が何なのかが分かってないといけないので、それらについて説明します。

 

 

背骨は25個の骨が積み重なって出来ています。上から順番に頸椎が7個、胸椎が12個、腰椎が5個、仙骨が1個となっています。(正確には仙骨の下に尾骨という3~5個の骨が癒合したものがあります)骨の1つ1つの間には椎間板という軟骨があり、背骨の柔軟性を作り出しています。

理想である正常な姿勢では背骨がS字カーブを描いているというのを聞いたことがあるかもしれませんが、実際は背骨のそれぞれの位置でなだらかにカーブしています。頸椎部分で前にカーブ(前弯)、胸椎で後ろにカーブ(後弯)、腰椎で前にカーブ、仙骨で後ろにカーブといったように。何度かカーブすることで衝撃の吸収や重力の分散といった役割を果たしています。

猫背ではこういったなだらかなカーブの形が崩れてしまっており、体のいろいろなところを痛めやすくなってしまっています。

猫背のタイプ①ストレートタイプ

では、いよいよ猫背のタイプについて説明します。

猫背には大きく分けて2つのタイプがあり、1つ目は首から腰までが1直線もしくは全体的に後ろにカーブしているストレートタイプです。

頸椎から腰椎のカーブが減少、消失し、背中全体の筋肉が突っ張った感じがしてきます。

こういった状態になると背骨本来の役割である衝撃の吸収機能が弱まり、背骨1つ1つにかかるストレスが大きくなってしまいます。

猫背のタイプ②反り腰タイプ

2つ目は背中の丸みとお腹の出っ張りが目立ちやすくなる反り腰タイプです。ストレートタイプとは真逆で頸椎から腰椎のカーブがとても強まり、そのカーブの頂点に大きなストレスがかかるようになります。特に腹筋の弱い女性はこのタイプが多くなります。

猫背のタイプはこの2つだけではなくもっと細かく分類されますが、大半の方がこの2つのどちらかに当てはまっています。ここで気になるのがどうやったらこの2つを見分けられるのかだと思うので、次は見分ける方法についてお話しします。

猫背タイプの見分け方

・壁に背を向けて立つ

・壁にかかと、おしり、背中をゆっくり付ける

・腰と壁のすき間に手を入れる

この時の手の入るスペースに着目します。

結果

・正常な姿勢 手が1枚入るか入らないかぐらい

・ストレートタイプ 手を入れるすき間が無くなっている

・反り腰 手を1枚入れても余裕がある

いかがでしたか?このように自分の猫背がどのようになっているのかを判別することで、ストレッチやトレーニングに使う時間を有意義なものにすることができます。猫背でお困りの方やご質問がありましたら、遠慮なく当院へお電話ください!

 

今後は猫背のタイプ別に有効なストレッチやトレーニングもブログで紹介してきますね!

LINEで更新情報&お得な情報をお届けするので下記から登録しておいてください。