膝の痛み(変形性膝関節症)を自宅で改善

膝の痛み(変形性膝関節症)を自宅で改善 無痛運動法
病院で「変形性膝関節症」と診断された方の多くが電気療法やヒアルロン酸の注射・水抜きなど痛みの対処的な治療しかしてもらえず、根治できないかと悩んでいらっしゃいます。膝の痛みがどこからきているのかわからない方もいらっしゃいますので、今回は、膝の痛みの原因の一例をご紹介し、膝の痛みを自宅で改善する方法について説明していきます。

変形性膝関節症

膝軟骨の変性を基盤とした非炎症性の疾患で、原因がわからないものを一次性(突発性)と代謝性疾患・外傷
・先天異常など明確な原因があるものは二次性(続発性)に分けられています。
60歳前後の女性が、膝の痛みや運動障害、膝に水がたまるなどの症状を訴え、明らかな原因が
認められない場合は一次性に分類される場合が多いです。(標準整形外科学より引用)
このようにほとんどの方が老化などで一次性に分類されることが多いと思いますが、
しかし、患者さんの話を伺っていると、ほとんどの方が日常生活において昔は正座することが多かったり、
トイレも和式で膝を過度に曲げる姿勢が多いなど膝に大きな負担がかかる生活を送っていた方が多くいました。
近年は、イスに座ることが多く、トイレも洋式のためひざの負担は軽くなっていますが、デスクワークで
座りっぱなしだったり、運動不足でひざの屈伸が少なくなり、滑液の分泌の不足から痛める方もいます。

症状

初期には膝関節のこわばり・座位を続けたあとの立ち上がり時の疼痛・歩き始めの疼痛を訴えることが多く
とくに膝の内側に痛みを訴える(内側の関節軟骨のすり減りが多いため)
進行すれば、歩行時や階段昇降時に持続的な疼痛が生じ、わずかに伸展と正座が制限されます。
関節内に炎症がある場合は関節に水(水腫)がたまったり、変形をおこします。

膝の痛みは軟骨のすり減りが原因ですか?

起床時や立ち上がりのときや階段の昇降時にズキンとくる「ひざの痛み」はどこで感じているのか…
軟骨のすり減りが直接の原因かと思う人が多いと思いますが、実は軟骨には痛みを感じる神経がなく
関節内の骨と骨が擦れても痛みは感じません。(関節軟骨・十字靭帯・半月版内1/3には知覚神経は分布して
いません)では、どこで痛みを感じているのか?
それは、関節を袋のように覆う「関節包」・滑膜・半月版外1/3の軟部組織です。
関節包や軟部組織は痛みを感じる知覚神経があるため、動いた時の刺激で痛みを感じたり、硬くなったりする
ため、曲げ伸ばしがしづらくなったりするのです。(軟骨がすり減ると動きの滑らかさが低下するため
ロッキングを起こしますが、痛みは別です)

「関節包」の痛みを軽減するために

関節包はストレッチや強めのマッサージなど痛みや強めの刺激を与えるとかたくなるため逆効果となります。
そのため、当院では無痛で関節包に刺激や負担を与えないような運動療法をおこないます。
病院における治療は関節内にヒアルロン酸の注射や痛み止めなど対処療法になり、痛みに対しての根本的な
治療があまりなされていないようです。
当院ではこの「関節包」の痛みを軽減するだけでなく一緒に根治を目指すために
「ゆうきプログラム(PSTRエクササイズ)」を導入しています。

「ゆうきプログラム(PSTRエクササイズ)」とは

「治療の主体はあなたであり、あなたの参加しない治療はありえない」を基本理念としています。
ゆうき指圧院(大阪府)の大谷内輝夫先生と和白病院(福岡県)の林和生先生が共同で開発された、
無痛リハビリの一つで、自宅でできる運動療法の指導をおこなっています。
手術が必要といわれた方でも改善することもあり、病院でも効果は証明されています。

なぜ「ゆうきプログラム」が関節包の痛みに有効なのか

特徴
●無痛で行うため関節包への負担が少ない
●ご自身で骨盤や脚長差が調整できる
●自宅でいつでもできる
「鍛えるよりもまずは、整える」を基本として
ゆがんだ姿勢や身体で、筋力トレーニングを行っても、いびつな筋肉がつくばかりでより一層関節に対して
過剰な負担を与えるという考えの基
できるだけ患者さんの身体に適応したアライメントにまず整え、次いで筋力強化を行っていきます。
これが他の療法と違う、大きな点のひとつです。

ゆうき指圧院
http://www.yukishiatsuseitai.com/

靭帯・関節包に効く運動法

今回は基本となるプログラムをご紹介します。

① かかと突き出し
効果:ひざの完全伸展・むくみや腫れ・水腫の解消

横向きになり、うえの足を斜め45度に出し、床に着けかかとを突き出します
1日-1回15秒 左右10回ずつ行います。
※痛みが出た場合はすぐに運動を中止してください。

② ひざ頭の8の字ゆらし
効果:ひざ・股関節・足首の可動域拡大

上半身を起こし、両足を腰幅に広げて伸ばします。
かかとを床につけた状態で、ひざ裏を10センチほど浮かせます。
浮かせたひざ頭で、なるべくこねないように8の字を描きます。
※痛みが出た場合はすぐに運動を中止してください。

症状には個人差があるため、自己判断だけで行うのではなく一度、専門家にご相談されることをお勧めします。
上記の運動は一部です。個人に合わせたプログラムを作成しますので、詳しくはご相談ください。

友だち追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です