階段の昇り降りで出る膝の痛み 原因・対処法・予防法

階段の昇り降りで出る膝の痛みの原因は?対処と予防

健康のために階段を利用されている方も多いと思います。確かに身体を動かすことは大切ですが、間違った方法ではケガの原因になることもあります。ウォーキングなどは膝に対しては軽度の負担ですがランニングや階段の昇り降りなどは膝に過度の負担を与えます。特に階段で降りる時は膝の軟骨の衝撃は大きく、軟骨の損傷の原因となるケースが多いのが現状です。階段を降りる時の膝への衝撃は体重の5倍かかるといわれていて体重が60kgであれば300kgの衝撃となります。階段を降りる度にこれだけの衝撃がかかっていては軟骨も限界を感じます。「変形性膝関節症」になる可能性が出てくるため早目の対処することで予防していきましょう。


今回は膝の軟骨(半月板)の構造の解説と痛みへの対処と予防法をお伝えします。

半月板の構造

膝の半月板は三日月状の形から半月板と呼ばれ、内側の「内側半月板」と外側の「外側半月板」からなり大腿骨と脛骨の間に挟まれています。

半月板の役割

半月板は主に膝へのクッションの役割を果たしているだけと思われていますが他にもあるので挙げていきます。
1.大腿骨と脛骨の接合部の安定性を保つ
2.荷重の分散させる
3.衝撃の吸収する
4.膝関節の保護

半月板の解剖

半月板は繊維軟骨組織で出来ていて、大半はコラーゲン繊維により構成されています。内側2/3は横繊維と円周方向の繊維が主体で、外側1/3は円周方向の繊維が主体です。中心部は不規則な膠原繊維の走行となっています。半月板の外周1/3は血行があるため傷ができても自然治癒の可能性はありますが、内周2/3は血行がないため自然治癒は見込めません(栄養分などは関節内の滑液から得ているが治癒に必要な栄養素が不足しているため)。内側半月板は内側側副靭帯と結合しているため安定しているが外側半月板は関節包のみに支持されているだけなので内側半月板と比較すると不安定だが、それは膝の屈伸運動時に可動域を大きくして屈伸運動をスムーズに行えるためである。また内側半月板がスポーツや事故などの強い衝撃で損傷する際は内側側副靭帯や前十字靭帯も同時に痛める複合損傷があり「不幸の三徴候」と呼ばれています。

膝の痛みの原因

1.半月板損傷-スポーツや事故などの外傷で痛める場合と加齢に伴う変性でちょっとした衝撃でも損傷する場合があります。膝の曲げ伸ばしでひっかかりを感じたり、膝が動かなくなる「ロッキング」という状態になったりします。症状が進行すると膝に関節液が溜まり痛みがでる場合もあります。
2.変形性膝関節症-膝関節の老化に伴って関節内のアライメントが崩れから発症する場合が多く、外傷や感染症などで起きることもあります。立ち上がりや歩き始めの動作の時に痛みが出るのも特徴の一つです。
3.関節リュウマチ-膠原病の一つで関節内において自己免疫(自分自身を細胞が攻撃すること)が起こり、破骨細胞や軟骨組織を過剰に作り出し軟骨や骨の破壊が進行して関節が変形していきます。症状はこわばり・痛み・腫れ・発熱があり、関節の変形の原因となります。
痛みはどこで発生して・どこで感じているのかというと関節の中には痛みを感じる神経はありません。実際に痛みを感じる神経は関節を包む関節包にあり関節内での刺激が関節包に伝わり関節の痛みとして感じているのです。

膝半月板損傷の自己チェック

1.膝の屈伸時にゴリゴリ・ギュッギュッなどの音がする
2.階段を降りる時に膝の力が抜ける
3.正座ができない
4.和式トイレの後、立ち上がるのが苦痛
5.仰向けで膝を伸ばした時左右に床との高さに違いがある
6.膝の上部が腫れた感じがある
※1つでも当てはまる方は専門家にご相談してください。

膝半月板損傷の治療法

外科療法 半月板縫合手術・部分切除など
薬物療法 消炎鎮痛薬・ヒアルロン酸注射・ステロイド注射など
温熱療法 ホットパック・電気・超音波・保温サポーターなど
装具療法 足底板・サポーター・装具(ブレース)杖など
運動療法 ストレッチ・ウォーキング・水中運動など

膝の痛み予防法

1.大腿四頭筋とハムストリングの筋肉のバランス調整で負担の偏りを防止
2.スクワットなどの筋肉トレーニングで膝関節への負担を軽減
3.ウォーキングなどの軽い運動で膝の滑液の分泌を促す
4.階段の下りは避けてエスカレーターやエレベーターを利用し膝への負担を軽減する
5.サポーターやテーピングなどで膝を保護する

膝の痛み改善運動法

当院では膝の8の字運動で関節包のゆるみを作り可動域の改善に努めています。
8の字運動の一つをご紹介いたします。この運動療法は大阪の「ゆうき指圧院」の大谷内先生が考案され、福岡の「和白病院」のリュウマチセンター長の林先生がリハビリの一つとして取り入れ、機能改善に効果が認められた運動法です。
※痛みがでる場合は運動をすぐに中止してください。

膝・股関節の痛みでお困りの方は一度ご相談にお越しください。

友だち追加

ランニングによる筋肉痛のメカニズム・原因・対処法・予防法

筋肉痛のメカニズム・原因・対処法・予防法
ランニングをしているとついつい練習をがんばりすぎたり、マラソン本番で無理をしたりしたときなど筋肉痛になることがないですか?身体を鍛えている方の中には「がんばった証拠!」「きたきた」と喜ぶ方もいますが、これは「クラッシュアンドビルド」といって、わざと筋損傷を起こし筋繊維を破壊して筋肉が修復するときにより筋肉を肥大させていくためで、筋肉をつけるという意味では効果があります。しかし、一般的にトレーニングされている方には筋肉痛はあまり出てほしくないものですね。筋肉痛のおかげで練習ができなかったり、本番に支障がでたりします。筋肉痛を出さずに楽しくジョグができるようにしっかり知識を見に付けましょう。

今回は筋肉痛のメカニズム・原因・対処法・予防法をお伝えします。

筋肉痛のメカニズム

1. 筋肉痛のメカニズム筋肉は細い繊維の束で出来ています。そのため普段から筋肉の繊維は実は切れているのです。痛みを感じるほどの断裂ではないのですが断裂部分の範囲が広くなるほど痛みを感じていきます。「肉離れ」などが重症例のひとつです。しかし筋肉の繊維が切れていればすぐに痛みを感じるはずですが筋肉痛は遅れて出てくるはずです。それは「遅発性筋肉痛」だからです。「遅発性筋肉痛」とは傷ついた筋繊維の細胞からたんぱく質が失われ、修復するときにリンパ球や白血球が集まり新しい細胞を作り「収縮たんぱく質」ができます。その際に出るエネルギーが筋肉痛という反応として発生します。これが一般的に筋肉痛のメカニズムといわれています。

2. 運動することにより筋肉に脱水症状が起こり血行が悪くなり組織が酸素不足になります。そのため筋肉の弛緩・収縮が機能せず、筋肉が硬くなり(筋硬結)動かす際ひっぱられて違和感や痛みを感じることで発生します。

筋肉痛の原因

運動するときには筋肉を収縮して動かします。筋肉の収縮には3種類に分けられます。
1. 伸張性(エキセントリック)運動-荷物を下ろすとき、階段を下りるときなど筋肉を伸ばすときに負荷がかかる状態
2. 短縮性(コンセントリック)運動-荷物を上げるとき、階段を昇るときなど筋肉を縮めるときに負荷がかかる状態
3. 等尺性(アイソメトリック)運動-荷物を持ってじっとしているときなど筋肉が伸び縮みしない状態で負荷がかかる状態
特に伸張性(エキセントリック)運動のときに筋肉痛は起こりやすいです。これは筋肉が伸ばされる時が筋繊維への負荷が大きいためです。ゴムをイメージすると分かり易いと思います。
日常的に使っている筋肉は筋肉痛が出ないのは負荷に対して負けていない力があるからです。筋肉痛は普段使われていない筋肉だったり、筋肉が持つ伸張性より負荷がかかった際に微少断裂をおこして発生します。

対処法

1. 冷やす-触って熱を感じる場合は冷やしてください。熱を感じるのは患部が炎症しているからです。冷やすことで炎症を抑えることが大切です。氷や保冷剤などビニール袋などに入れ直接肌に触れないようにタオルなどで覆い痛みがあるところにあてて冷やします。10分程度にし長時間冷やし過ぎないようにしてください。
2. 温める-温めることで血行を促進して筋肉の硬結を取り、筋肉の回復に必要な酸素やアミノ酸などの栄養素を行き渡りやすくします。35~40℃のぬるめの風呂につかりゆっくりと温めてください。高温のお湯は筋疲労につながるので逆効果になります。
3. 静的ストレッチ-ストレッチには「動的ストレッチ」と「静的ストレッチ」があり、「動的ストレッチ」としてはラジオ体操やマエケン体操などが有名ですが身体を動かしながら行うストレッチ運動のことで運動前に行うことで筋肉や関節のパフォーマンスを効果的に上げてくれます。「静的ストレッチ」は一般的に行われているストレッチで、筋肉を一方向にゆっくり最大伸張まで行い筋肉を休ませていきます。運動後に行うことで筋肉痛を和らげてくれますが、強く伸ばしたり引っ張りすぎると筋肉を傷めることがあるので、行う際は深呼吸しながら痛みが出ない程度にゆっくりとおこなってください。
4. 栄養摂取-筋肉は主にたんぱく質から出来ています。筋肉痛は筋肉が損傷したんぱく質が失われているため早期回復にはたんぱく質を補うことが重要です。日本人が一日に必要なたんぱく質の摂取量は男性60g女性50g(厚生労働省2015年 日本人食事摂取基準より)といわれていますが運動をされる人はそれ以上の摂取が必要となります。たんぱく質は主に肉類・豆類・乳製品に含まれていて牛乳コップ1杯(200g)-6.6g・スライスチーズ1枚(18g)-4.1g・ヨーグルト1カップ(100g)-3.6g・冷奴(100g)-6g・納豆1パック(80g)-12.4g・卵(50g)-6g・紅鮭1切れ(70g)-15.8g・牛もも肉(100g)-19.5gとなっています。プロテインなどで補うのも効果的です。
5. ローション-当院でも運動後のケアに使用していますが、5種類の必須アミノ酸(アルギニン・グルタミン酸・バリン・ロイシン・イソロイシン)を配合しているため運動後のケアに最適です。必須アミノ酸とはたんぱく質の合成に必要なアミノ酸で体内でつくるこたができないため食事など外からの栄養素で吸収する必要がありますが食べ物だと吸収するまで時間がかかりますが、皮膚から浸透させることですばやくより効果的に作用していきます。天然水を使用しているためアレルギー体質の方にも安心して利用できます。

予防法

1. ランニング前後のストレッチ-運動前に「動的ストレッチ」を行い筋肉に負荷に負けない柔軟性を持たせる。ラジオ体操やスクワットなどがお勧めですが特に関節の曲げ伸ばし運動をしっかり行うことも大切です。

2. テーピング・サポーターなど-ふくらはぎや足裏へのテーピングやサポーターなどで筋肉を保護したりサポートすることにより負荷を軽減させましょう。特に普段以上のランニングなど行う時はテーピングを使うことにより筋疲労を軽減するため、筋肉痛の予防に最適です。
3. ランニング後のクールダウン-ランニング後は筋肉はオーバーヒートの状態なので急激にやめてしまうと疲労物質の「乳酸」などがたまりやすく筋肉を硬くしてしまいます。そのためウォーキングなどの軽めの運動でゆっくりと休ませることで筋肉を落ち着かせます。また「静的ストレッチ」で痛みを感じない程度で筋肉をゆっくり伸ばすことで柔軟性を高めます
4. 水分補給-ランニング前に水分補給を行うことで脱水を防ぎ筋肉の硬結を防ぎやすくなります。ランニングの距離と時間によりますが1時間程度のランニングであれば350ml程度のスポーツドリンクを摂取しましょう。
5. 栄養補給ー運動前のたんぱく質の摂取は筋肉の回復や成長を促して筋肉痛を予防してくれます。特に運動2~3時間前に摂取することで吸収されエネルギー効果につながります。また、バナナは糖分やカリウムを含むためグリコーゲンの貯蔵を増やし血糖値を上昇させてくれるためランニングには効果的です。
筋肉痛はケガの原因になりかねません。ランニングに影響を及ぼすので痛みが引かない時はすぐに専門家に相談することが、早期回復の一歩です。
うぃんぐ整骨院ではジョグ生活を快適に楽しくするために全力でサポートしていきます。

友だち追加

交通事故後の治療(自賠責保険)は整骨院でできますか?

Q)交通事故後の治療(自賠責保険)は整骨院でできますか?

A)はい できます

交通事故の治療は整形でしかできないと思っていらっしゃる方も多いようですが、交通事故の衝撃で発生するむち打ちや、打撲、背部の痛みなどは、整骨院で対応できます
事故の治療は、事故の激しさにもよりますが、きちんと治療を受けれたかどうか、痛みがきちんととれたかどうがに関わらず、おおよそ3ヶ月から6ヵ月で保険会社から治療の終了を迫られることが多いです。

整骨院での施術は、電気治療などを使いながら、痛めている場所を丁寧に触診し、特定し、手技療法で筋肉の硬結を緩め、関節の可動性をあげ、早期の回復を目指します
また、治療以外のことでも、弁護士、行政書士との連携で、被害者の方の、心の支えにもなっていきたいと思っています

交通事故にあってしまった際、整骨院で治療を受けるまでの流れについてご説明します

警察に人身事故の届けを出す

交通事故にあってしまった!!
そこから整骨院での施術開始までの流れをご説明します
交通事故でのお身体の治療を開始するにあたっては、必ず、警察に人身事故の届けをする必要があります
当日痛みを感じない場合も、翌日や翌々日に頭痛がでたり、急激に痛みの増強や気分の不良が見られる場合があります
事故当日は痛みを感じなかったために物損にした場合でも、後日人身への切り替えは可能ですので、必ず痛みがでたらすぐに痛みがでた旨を相手方の保険会社の担当に伝えてください

病院を受診し警察に提出する診断書を出してもらう

保険会社に痛みがでた旨を伝え、病院を受診し、診断書を出してもらいます
事故日から病院受診日までが2週間を超えてしまうと、事故との因果関係を証明することが難しくなり、治療が認められなくなることがあります
実際に2週間以上経って痛みがでた方もいらっしゃいます
事故にあってしまった場合、あまり痛みを感じない場合でも、一旦病院を受診されることをお勧めします

通院したい整骨院を保険会社に伝え整骨院を受診する

保険会社に通院希望の整骨院名を伝え、整骨院を受診します
整骨院では、病院での診断書に書かれた部位しか施術が認められない傾向があります
病院ではしっかり、痛みの場所を伝えて、診断書に書いてもらえているか確認し、コピーが取れたらコピーをとって整骨院に提出していただけたら、施術がスムーズに進みます

整骨院での施術をスムーズにするための病院選び

今後の施術を整骨院で行いたい方にはここで一つ問題が・・・・。
最初に受診した病院のDr.が整骨院での併用受診を認めない場合、嫌がる場合ががあります
患者さまは基本、どこで治療を行うかは自由なのですが、最初に受診した病院が整骨院の受診を嫌うと、なかなかその後の整骨院での治療がスムーズに行かなくなる場合があります
被害者の方が、治療を継続するためには、月に1回から2回の病院の受診が求められます
整骨院の治療を選んだばかりに、病院に受診を拒否されてしまうと、治療の継続が難しくなる場合があります
スムーズに病院と整骨院の併用治療を行いたい場合には、整形外科と提携のある整骨院を選ぶことが賢明です
元々受診したことがある整骨院などがありましたら、まず、そこに問い合わせて整形外科との提携があるか、また整骨院を受診したことがない場合は、いくつか受診したい整骨院を選んで、問い合わせの電話をし、整形外科との提携があるか、また折角お電話をかけたら、そこがどのような治療をするのかも確認する事をお勧めします

整形外科と整骨院の治療にはどんな違いがありますか?

病院でのむち打ちに対する治療は、おおむね湿布・鎮痛剤の投薬が多く、時に牽引や電気治療などが多いようです
整骨院は、一人一人の症状に合わせた徒手療法が中心のところが多いです
当院での施術は、電気治療や温熱治療に加え、、痛めている場所、痛みがでているいる場所を丁寧に触診し、特定し、手技療法で筋肉の硬結を緩め、関節の可動性をあげ、早期の回復を目指していきます
また、施術以外のことでも、弁護士、行政書士などとの連携をとって、被害者の方の、心の支えにもなっていけたらと思っています
ちなみに、病院でのレントゲンやCT,MRIでの画像診断など医師や第3者が客観的に認識できる症状のことを他覚所見といいます
実際、むち打ちの症状は自律神経系の障害や軟部組織(軟骨部分や筋肉や靭帯など)の損傷によるものが多く、特にレントゲンだけの診断では、他覚所見では出ないことが多く、患者様の自覚症状によるところが多いために、実際に患者様は強く痛みを感じているにも関わらず、なかなか、その症状を理解してもらえないことが多く見られます
整骨院ではレントゲンやCT,MRIでの画像診断など他覚所見はとれませんが、当院では、患者様のお身体をしっかり触診して、痛みの出ている部位や関連部位の筋肉の硬結(損傷して硬くなっている部分)や、動作に伴う痛みなども探して、ひとつひとつ丁寧に施術してきますので、ほとんどの方が3か月ほどで後遺症もなく施術を終了されます